多汗症(汗かき)の治療

多汗症の治療法!

多汗症(汗かき)の治療法には、外用薬治療、水道水イオントフォレーシス、ボツリヌス毒素皮内注射治療、交感神経遮断治療などがありますが、それぞれの治療法には、長所と短所があり、決定的な治療法は現在のところありません。

 

 

外用薬(塗り薬)治療法には、塩化アルミニウム液を主成分とする塗り薬で、毎日塗布することで徐々に効果が表れます。
その他では、塩化ベンザルコニウム液が使われ、1日1回就寝前に使用します。

 

手のひら、足の裏、ワキの下などの多汗症の場合は、水道水イオントフォレーシスの治療がなされます。
多汗部位を水道水に浸し、直流電流を流します。

 

この治療法は、治療を中止すると発汗は元の状態に戻ります。
この治療法である水道水イオントフォレーシスに用いる乾電池を電源にした装置が一般に販売されています。

 

 

 

飲み薬(内服薬)の抗コリン薬や漢方薬が多汗症の治療薬として認められていて、飲み薬は塗り薬や注射による治療と違い、広範囲に効果が期待できます。

 

治療のガイドラインは、塗り薬・イオントフォレーシス・注射薬が効かない場合や、何らかの事情により、これらの治療が出来ない場合飲み薬の治療を行ってよいことになっています。

 

 

 

注射薬のボツリヌス毒素を皮内に注射すると、注射した場所だけには汗が出なくなります。
ボツリヌス菌が作る有効成分であるタンパク質を、汗の出る部位に注射をすると、1回の注射でも4ヶ月〜9ヶ月の効き目があり、持続期間が長いので、一年に一度注射をすれば、それで十分汗を抑えることができます。

 

重度の多汗症であれば、ボツリヌス菌注射は健康保険が効くようになりました。

 

 

 

上記の方法で効果が見られない、手のひらに多くの汗をかく、症状が重い手掌多汗症の場合には、胸腔鏡を使った胸部交感神経節遮断術がありますが、この方法だと確実に手のひらの汗は止まりますが、欠点として、代償性多汗と言って身体の他の部所に現れることがあります。

 

 

 

多汗症とは?

多汗症(汗かき)とは、どうゆう病気なのでしょうか。

 

みなさんは、暑くなれば汗をかきますね。
また、運動すれば汗をかきます。

 

汗は身体の体温調節をしていて、身体の体温が上がると汗が出てきて、その汗が蒸発するときに身体から気化熱を奪い、身体を冷やすよう、体温を下げるように働きます。

 

身体の構造って凄く旨く出来ているものなんですね。

 

ところが、余り暑くもないのに、冬の寒い時期でも汗がわきから出てきたり、手のひらを濡らしたりする現象が、多汗症(汗かき)と言われています。
もちろん、先ほども書きましたが、暑いときや運動したときに出る汗は正常なのですが、そうではない時に出る汗が問題なのです。

 

 

汗には、温度が高いときに出る温熱性発汗と精神的に緊張したときに出る精神性発汗、辛いものを食べたときに出る味覚性発汗などがあります。

 

多汗症(汗かき)には、原因になる病気があって多汗になる続発性多汗症と、とくにこれと言った病気がなく、健康な人に発生する原発性多汗症とがあります。
多汗症の部位に分けると、多汗部位が全身に広がっている全身性多汗症と、身体の一部で発汗が出ている、限局性多汗症とがあります。

 

 

限局性多汗症のほとんどが、ワキの下、手のひら、足の裏に発生します。
これらの限局性多汗症は、精神性発汗部位であり、精神的な緊張により発汗が増えることによるものです。

 

人によっては、てから汗が滴り落ちるほどの量の汗をかく人がいますが、手のひらの発汗ですから、書類などの紙を手で触ると濡れてしまい、困ってしまいます。

 

また、自分の濡れた手が他人の手に触れることを避け、劣等感をもってしまうこともしばしば見受けられます。

 

足の裏に多汗症(汗かき)がある人は、足の裏の臭いが出る原因となったり、白癬菌(水虫)の温床になったりして、細菌感染を起こしやすくなったりします。
手足の多汗症は、それ以外にも病気でない若い人にも発症します。

 

 

全身多汗症(汗かき)では、感染症、内分泌代謝性疾患、膠原病、悪性腫瘍、中枢神経疾患などが原因となって発症することがあります。
また、特に原因となる病気や疾患のない人にも原発性全身多汗症の発症が見られます。

 

 

多汗症(汗かき)の治療法・薬や手術しないで改善する方法

多汗症(汗かき)の原因が、身体の病気でない場合には、ストレスや自律神経の乱れが原因となることが多いので、精神面から治療していけば治ることが多いと思われます。

 

また、汗をかくことを気にしすぎて、それがまた多汗症(汗かき)を促している場合などがあり、それも精神面からの治療が必要となります。

 

また、生活習慣の乱れから多汗症の発症を誘発している場合も考えられるので、その場合は、食事の偏りをなくしたりするのも一つの方法でしょう。

 

手術をして原因を治すこともできますが、手術の費用もかかりますし、手術のリスクも少なからず考えられます。
多汗症(汗かき)の原因は、体質改善で良くなるものがほとんどですから、頑張って自分で治してみてはどうでしょうか。

 

幸いにも、最近では、ネットなんかにも多汗症の治療方法なんかも投稿されていますので、色々な治療方法、自分に合った治療方法を検討し治療に役立てて見たらどうでしょうか。

多汗症改善

一生結婚はおろか、恋愛すらできないかもしれない、とまで悩んだ重度の手掌多汗症をボトックス注射や手術をせずにわずか15分、早ければ翌日にも効果が実感できる治療法

多汗症改善プログラム

多汗症で人一倍汗かき、どうしょうもない汗かきを、久保田式多汗症改善術7日間で治す裏技おしえます!薬も使わず自宅で自分で治療する方法教えます!!

多汗症改善プログラム

医療機関でも治らず、制汗スプレーも効かない強烈な多汗症やワキガ、手汗に悩んでいるあなたでも、実は1日5分の実践で怖い手術をすることなく気になる汗やニオイをスッキリ、サラサラに改善できる方法を教えます。

多汗症改善マニュアル

多汗症改善マニュアル

あなたが、多汗症で悩んでいるのなら、なぜ多汗症になるのか、どうすれば多汗症が改善するのか、手、足、ワキを流れる汗を改善する方法、他人の視線や反応を気にせずに気軽に握手ができるようになる方法教えます。